2014年1月28日火曜日

第八幕 砂漠でサーモン・フィッシング 

「砂漠でサーモン・フィッシング」は2011年のイギリス映画。ラッセ・ハルストレム監督、ユアン・マクレガー主演。原作はイギリスのベストセラー小説「イエメンで鮭釣りを」。

「砂漠に大量の鮭を移植させる」というコメディ映画です。

「砂漠でサーモン・フィッシング」の画像1

主人公の水産学者ジョーンズ博士は真面目な研究者。
彼のもとに、「砂漠で鮭釣りがしたい」という調査依頼が舞い込みます。依頼主はイエメンの富豪でした。
 
当然ながら、砂漠の国イエメンは鮭の生息に適しません。そこでアイディアの一つとして浮上したのが、大量の鮭を生きたまま砂漠に輸送するというもの。

ジョーンズ博士はこのプロジェクトを辞退しようとします。ところが、そこに圧力をかけてきたのが英国政府。
アメリカとともに派兵していたアフガン政策に対して、国民から批判が起きていました。この壮大な計画を実現させることで、批判をかわそうという思惑があったのです。

ジョーンズ博士は、この計画に踏みとどまります。
彼を翻意させたのは、ひとつには依頼主であるイエメンの豪族ムハンマドが人間的な魅力に満ちていたためです。彼は英国仕込みの高い教育と理想、そして勇気を兼ね備えていました。鮭の移植は道楽のためだけでなく、砂漠に灌漑施設を整備する計画も持ち合わせていたのです。その理想のために、地元民の反感を招くことになります。ついには命を狙われることにもなりますが、けしてひるみません。

そしてなにより、彼の心境に変化をもたらしたのは、ヒロインのハリエット(エミリー・ブラント)の存在。
この計画をジョーンズ博士のもとに持ち込んだ投資コンサルタントです。彼女には恋人がいました。彼は軍務でアフガンに派遣されたものの、事故で行方不明に。失意のどん底にあるハリエットを慰めようとするうち、恋心が芽生えてきます。ジョーンズ博士自身も、生活の行き違いから妻に逃げられたばかりだったのです。

傷心のジョーンズ博士とハリエットは、鮭の移植と灌漑施設整備の仕事に情熱を燃やし始めます。
苦難を乗り越えて灌漑施設が完成するという段になって、二人のもとにニュースが飛び込みます。アフガンで不明になったハリエットの恋人が無事だったことがわかったのです。
英国政府は、感動の生還劇をしたたかに演出しようとします。灌漑施設の完成とあわせて、ハリエットとの再会を大々的に報道させようと図るのです。

一方のジョーンズ博士にとっては、恋人を失いかねない最悪のニュースです。
ところが、灌漑施設完成の陰で、とんでもない陰謀が忍び寄ってきていました。鮭と巨大灌漑施設。砂漠に異質な西洋文明を持ち込んだことで、地元民はテロを決行します。
完成したダムは爆破され、イギリスから大量に持ち込んだ鮭はほとんどが死に絶えてしまったのです。

これまでの努力はすべて水の泡となってしまいました。
それでも理想家のムハンマドは立ち上がります。ジョーンズ博士も、砂漠に灌漑施設が完成させるまでイエメンにとどまり続けることを決意します。そして、ハリエットも。ハッピーエンド。めでたし、めでたし。


文明国のイギリスと未開の砂漠という対比は、ご都合主義のような気もしないではありません。
砂漠の国に鮭がもたらされることで起こる反応も、「文明の衝突」さながら。一方で、現地人がテロに走らざるを得ないという結末には、驕りと短絡さが見え隠れしているような。
それでも、テロやアフガン戦争といったグローバルな要素も上手に絡めたコメディに仕上がっています。

0 件のコメント:

コメントを投稿