2013年12月27日金曜日

第五幕 ファミリー・ツリー 

「ファミリー・ツリー」は2011年公開のアメリカ映画。
アレクサンダー・ペイン監督、ジョージ・クルーニー主演。

原題は「The Descendants」=子孫。
主人公の中年男、マット(クルーニー)がハワイで先祖から受けついできた美しい土地を、観光開発から守る-というラストから、このネーミングになったのでしょう。

とはいえ、映画の主題となっているのは血の結びつきではありません。
土地の保全は副次的な結果であって、そこにいたるまでの一家のドタバタとドロドロがコミカルでシニカルです。美しいハワイでの麗しい家族愛、という期待は見事に裏切られることになります。

事の発端は、主人公の妻のサーフィン中の事故でした。頭部を強打した妻は植物状態になってしまうのです。
この悲しみに追い討ちをかけるのが妻の不倫。しかも友人や娘までも感づいていたという公然の秘密だったのです。主人公は一人だけ蚊帳の外。「今ごろ気づいたの」と皆あきれ。顔。なんだかいたたまれない気持ちになります。

寝たきりの妻を問い詰めたところでむなしいだけ。
主人公は娘たちとともに、間男を突き止めようと立ち上がります。相手は地元の不動産業者でした。客を装って連絡を取ると、カウアイ島で家族とのんびりバカンスを過ごしているという。いきり立って間男の別荘に乗り込みます。

ところが間男をつるし上げるつもりが、足をすくわれてしまいます。
妻との関係は「ただの遊び」。しかも関係を求めてきたのは妻のほうだという。この世での別れが近づいているというのに、妻への信頼は崩れ去っていく一方。間男の前で、無様な自分をさらしたでかでした。

妻の入院先を言い残して、間男の前から去った主人公。
ところが病室に現れたのは彼の妻だったのです。彼女は取り乱し始めます。目の前で眠っている女のせいで、彼女もまた夫を奪われたのです。
本来なら主人公こそ、怒りをむき出しにしたいところ。お株を奪われた形の彼は、娘たちと黙って見守ります。妻は無言でこの世を去っていきます。家族の思い出を引き裂きながら。

そうして主人公がとった行動が、先祖伝来の美しい土地を守ることでした。
ここで彼は親族会議での決定を反故にするほどの決意をみせます。そこにいたるまでの心の動きは、はっきりと描かれていません。大金をふいにした親戚はしらけきってしまいます。「一人だけいい格好しやがって」といわんばかりに。

家族の愛情も、親族の結びつきもただの幻想。
The Descendants」という原題も皮肉が利いています。
いつの時代も変わることなく美しいのはハワイの自然だけなのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿